So-net無料ブログ作成

【嫌韓ネタ】韓国人は山知らず。

干ばつとはお気の毒にとは流石に嫌韓日本人を自認するabusanも
思いましたね。(^◇^;)そこまで「他人の不幸は蜜の味」では無いと。
尤も金正日一味に対してはその限りでは有りませんが(^_^メ)
(日本人の敵は滅びるべきだ!!)

こりあうぉっちんぐ
http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/917121/

流石に農家だけに山の特性を詳細に解説されていました。やはりこういうのは
専門家(農民)に訊くのが一番ですなあ。京阪神の工業都市に住んでいる人間
にとっては新鮮な事ばかりです。ムツゴロウさんなら「常識」でしょうが'`,、( ´∀`) '`,、

ご隠居によると

谷の水が枯れるのは明らかに山が荒れているからでしょう。豊かな広葉樹林が
あれば腐葉土がスポンジのように水を貯えますから、少しの干ばつで谷が
枯れるというようなことはありません。

日本でも、というか私の村でも森林組合に仕事を与えるためにブナ林を伐って
杉の植林を行うことが流行っていましたが、そういう山は地面が乾き、小さな水流が
次々に枯れていきました。植林のために大きな広葉樹を伐ったことで地面が直射日光
に曝されるのと、杉はいくら大きくなっても腐葉土を供給はしませんからね。

(引用終了)

つまり、紅葉山も馬鹿にならないとφ(..)メモメモ
そういえば京阪神の山、六甲山もハゲ山の時代が有ったそうですが
ジェームスなんとかと言う外国人がそれはイカンと言うことで
広葉樹の植林を行い、現在の緑豊かな六甲山を形成しております。
結果的に京阪神に於ける洪水問題もこれで防げた訳ですなあ(^◇^;)
海岸の一部地域では洪水が発生することは偶にありますが(^_^;)

六甲山の豊かな自然は銘水を生み、灘五郷の酒を有名にして
いったのですなあ。三田(さんだ)辺りの農家もその六甲山脈の
恩恵をどれだけ受けているかをご隠居のエントリーは示している
かのようです。※東京の三田(みた)と間違えないようにwww

更にご隠居はこう指摘しています

朝鮮半島の風土では樹木の復元性は日本列島に比べて遥かに
落ちますからね。日本じゃ放っておいても勝手に雑木が成長しますから。
まして江戸時代は計画的な植林で樹木を増やしていましたし。

(引用終了)

これこそ北朝鮮の金正日政権が同じ失敗を繰り返していると
いった実情が米軍の衛星写真からも伺えます。「南」と較べて
ハゲ山がくっきりと目立つのが北朝鮮の実情で有ります。
しかも朝鮮半島は「酷寒の地」でも有りますし、ソウルですら
氷点下10度まで下がると言う話もあるぐらいですからね。
(東京だと最低気温でも精々氷点下1、2度でしょうwww)

しかも「高麗人参」が国の特産品になる程、土壌の養分に
極端なものが有りますし、木の生長が悪いのは無理からぬ
ものがあるのにも関わらず山の管理が日本より杜撰ですからね。

こういった干ばつは起こるべくして起きたのでしょう(^◇^;)
李明博大統領は農林対策を急ぎませんといけません!!
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 6

koorogi

日本は縄文時代から、植林をかなり計画的にやっているという、研究結果がでています。
神話の世界でも、スサノオの植林から国造りが始まっていますし、江戸時代は「木一本につき首一つ」という、厳しい伐採制限がされていました。
やはり、日本は世界的に見て、非常に珍しい国です。

シナもチョウセンも、木は切ったら切りっぱなし。
後の世代のために、長い目で自然を育てるという概念はありません。
台湾でも、日本統治時代に植えられていた街路樹が、戦後シナ本土人にことごとく、伐採されたそうです。
「木は生い茂れば盗賊の隠れ場になり、交通の障害になる」という、いかにもシナ人らしい屁理屈です。
シナは後数十年で砂漠化するとも言われています。

オーストラリアの山火事もずさんな管理がもとです。
ユーカリの木は油を含み燃えやすい。
だから、アボリジニの人たちは、たびたび、小火事を起こして木の管理をしてきたのですが、後からきた白人どもが、火事を人為的に起こすのは野蛮だといって、止めさせました。
その結果が、大規模な山火事です。

西洋人も「自然は征服できる」が根底にありますから、自然保護にしても、動物保護にしても、おかしなことばかりをします。

石油戦争よりも、このままいけば、水戦争が起こるとも言われています。
日本も山が荒れるのは他人事ではないので、林業を見直さなければいけないでしょう。地方自治体で、取り組んでいるところもありますが。
花粉症の私としては、杉を何とかして欲しいですね。
もう、先日から、症状がでて、苦しいです。




by koorogi (2009-02-16 11:38) 

tatu99

犯盗は山の荒廃だけでなく人間の心身ともに荒廃ナンチャッテ。
日本ではたとえ一時的にハゲ山になったとしても夏冬それぞれの季節風で雨雪を呼び自然を回復する神国です、最近は多少公害等で問題があったとしても回復する自然の恵みと国民の力があり基本的には神国です。
シナではサル知恵のダム建設で水不足と大地震ですが、大陸のはずれの半島は健全な発展のためには知性が大陸より重要なのですがナゼかますます劣化しています。
シナの悪いところを真似して更に悪くなる半島。
北寄りの政権から保守に回帰しても本質的には良くならないのは何でしょうか。
by tatu99 (2009-02-16 20:03) 

かせっち

大河ドラマ「天地人」で、上杉謙信が雪に閉ざされて越後から遠征できないことを問われて、「その代わりこの雪のおかげで越後では米が実る」と答えるシーンがありました。つまり冬場に山脈に降り積もる雪はダム代わりになるのですね。

逆に言うと暖冬で雪が少なかったりすると、夏場に雨が降らなかったら渇水の危険に陥るわけで。そう考えると四国が毎年渇水に苦しむのも、冬場の雪を貯める山がないため、夏場の少雨が即渇水に直結してしまうのかもしれません。
by かせっち (2009-02-16 20:24) 

abusan

koorogi女史ご返事が遅れましたm(__)m

>シナもチョウセンも、木は切ったら切りっぱなし。
>後の世代のために、長い目で自然を育てるという概念はありません。

そういった科学も有りませんから国がしょっちゅうガタガタに
成るのでしょうなあ。中国の矛盾もそういったのが本質かと(^_^メ)

>後からきた白人どもが、火事を人為的に起こすのは野蛮だといって、
>止めさせました。その結果が、大規模な山火事です。

ユーカリ油と言われる程にユーカリは油木ですからね。
ユーカリ森に山火事が起きたらひとたまりも無いでしょうねぇ。
米国の消防車や消防ヘリなどを駆使してさえ消火は
困難を極めそうですなあ(^◇^;)

>このままいけば、水戦争が起こるとも言われています。

砂漠化も進み、南海では沈没寸前の島も続出
水不足は深刻化しつつありますからね。

>花粉症の私としては、杉を何とかして欲しいですね。
>もう、先日から、症状がでて、苦しいです。

これはこれは(^◇^;) 私は幼少の頃は田んぼの近く
で育ち、寄生虫に悩まされてましたのでそこんところの
免疫のお陰か花粉症から免れて居ますが、私も
何時発症するか解りませんなあ。

特に女性には深刻な季節と言うことでお見舞い申し上げる
次第でありますm(__)m
by abusan (2009-02-21 10:00) 

abusan

tatu99様ご返事が遅れて済みませんですm(__)m

>最近は多少公害等で問題があったとしても回復する自然の恵みと
>国民の力があり基本的には神国です。

温暖な島国気候が雨を恵み、木を育てるのですなあ(^o^)
我が日本の強みここにあり!と言うことで神仏に感謝しなければ
なりませぬな(^o^)

>北寄りの政権から保守に回帰しても本質的には良くならないのは何でしょうか。

反日主義などに見られる偏狭な民族主義が根本的な問題ですなあ。
例のヘタリア事件が象徴しています(^_^メ)
by abusan (2009-02-21 10:04) 

abusan

かせっち様ご返事が遅れて済みませんですm(__)m

>そう考えると四国が毎年渇水に苦しむのも、冬場の雪を貯める山が
>ないため、夏場の少雨が即渇水に直結してしまうのかもしれません。

四国は米の2部作が出来る反面、温暖な気候が災いする事があり
渇水問題に常に悩まされてますなあ(^◇^;)

地方毎の水対策が必要である事を示してるかのようです。
by abusan (2009-02-21 10:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。