So-net無料ブログ作成
検索選択

【嫌韓ネタ】韓国人は山知らず。

干ばつとはお気の毒にとは流石に嫌韓日本人を自認するabusanも
思いましたね。(^◇^;)そこまで「他人の不幸は蜜の味」では無いと。
尤も金正日一味に対してはその限りでは有りませんが(^_^メ)
(日本人の敵は滅びるべきだ!!)

こりあうぉっちんぐ
http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/917121/

流石に農家だけに山の特性を詳細に解説されていました。やはりこういうのは
専門家(農民)に訊くのが一番ですなあ。京阪神の工業都市に住んでいる人間
にとっては新鮮な事ばかりです。ムツゴロウさんなら「常識」でしょうが'`,、( ´∀`) '`,、

ご隠居によると

谷の水が枯れるのは明らかに山が荒れているからでしょう。豊かな広葉樹林が
あれば腐葉土がスポンジのように水を貯えますから、少しの干ばつで谷が
枯れるというようなことはありません。

日本でも、というか私の村でも森林組合に仕事を与えるためにブナ林を伐って
杉の植林を行うことが流行っていましたが、そういう山は地面が乾き、小さな水流が
次々に枯れていきました。植林のために大きな広葉樹を伐ったことで地面が直射日光
に曝されるのと、杉はいくら大きくなっても腐葉土を供給はしませんからね。

(引用終了)

つまり、紅葉山も馬鹿にならないとφ(..)メモメモ
そういえば京阪神の山、六甲山もハゲ山の時代が有ったそうですが
ジェームスなんとかと言う外国人がそれはイカンと言うことで
広葉樹の植林を行い、現在の緑豊かな六甲山を形成しております。
結果的に京阪神に於ける洪水問題もこれで防げた訳ですなあ(^◇^;)
海岸の一部地域では洪水が発生することは偶にありますが(^_^;)

六甲山の豊かな自然は銘水を生み、灘五郷の酒を有名にして
いったのですなあ。三田(さんだ)辺りの農家もその六甲山脈の
恩恵をどれだけ受けているかをご隠居のエントリーは示している
かのようです。※東京の三田(みた)と間違えないようにwww

更にご隠居はこう指摘しています

朝鮮半島の風土では樹木の復元性は日本列島に比べて遥かに
落ちますからね。日本じゃ放っておいても勝手に雑木が成長しますから。
まして江戸時代は計画的な植林で樹木を増やしていましたし。

(引用終了)

これこそ北朝鮮の金正日政権が同じ失敗を繰り返していると
いった実情が米軍の衛星写真からも伺えます。「南」と較べて
ハゲ山がくっきりと目立つのが北朝鮮の実情で有ります。
しかも朝鮮半島は「酷寒の地」でも有りますし、ソウルですら
氷点下10度まで下がると言う話もあるぐらいですからね。
(東京だと最低気温でも精々氷点下1、2度でしょうwww)

しかも「高麗人参」が国の特産品になる程、土壌の養分に
極端なものが有りますし、木の生長が悪いのは無理からぬ
ものがあるのにも関わらず山の管理が日本より杜撰ですからね。

こういった干ばつは起こるべくして起きたのでしょう(^◇^;)
李明博大統領は農林対策を急ぎませんといけません!!
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。